【心理】好きだから怖い

 
こんにちは!
リトリーブサイコセラピーという心理セラピーで
人間関係の悩みを解決し
人との関わりを喜びになるサポートをしています
心理セラピスト村田暁世です!
 
 
さて、今日のテーマは
「好きだから怖い」
 
とあるかわいい男性にもモテる20代女性のお話。
 
 
 
 
 
彼女には、付き合って6ヶ月の彼氏がいます。
彼女は彼に尽くします。
いつも彼のことで頭がいっぱい。
常に一緒がいい。
記念日もいっぱい作ってる。
よくありそうな?恋する乙女です。
 
 
そんな彼女のクセは
「彼に嫉妬させること」
 
「他の男友達と◯◯行ってきたのー」
男の子にご飯誘われちゃってんー」
「酔った勢いで上司にハグされちゃったー」
と他の男の気配をチラつかせること。
 
 
彼女が待っている彼からの反応は
 
やきもち焼いて、じゃれてきてくれること。
いやいや、お前は俺のやからーーとか、
お前はかわいいからなぁーーとか言われたい。
 
気をひきたい。
愛されてると感じたい。
 
自信がなくて、不安で
彼の心のなかを自分でいっぱいに
自分以外の他の女の子に寄せつけたくないのです。
 
他の男と仲良くしてるけど、どう?って。
 
彼が私から離れていかないように
揺さぶりをかけます。
 
そして愛情の深さに
上下や勝つ負けるなんてものはないものですが
あなたの方が私に惚れてるんでしょって
彼より優位に立ってると感じたい。
 
だから仕掛けます。
 
ねーねー!妬いて妬いて!
嫉妬して!
やきもち妬いて!
私のこと好きなんでしょ?!!
↓↓↓
(私のこと大事にしてね!
じゃないと他の男のとこに
行ってしまうかもしれないよ!
私みたいな女の子、他にいないわよ!
こんな尽くす私を離したら一生後悔するわよ!)
 
 
 
そんな彼女のなかには、
 
永遠性、信頼性、安心感、がありません。
 
いつか彼は
愛する人は離れてしまう
自分はいつか見捨てられるという前提が
自分の中にあるんですね。
 
常に不安と恐怖でいっぱいなのです。
 
 
好きになればなるほど
親密になればなるほど
相手に求めるものが増えていく。
信用できないから確かめたくなってしまう…
 
私が一番だよって言って、私だけを見て。
そうやって
彼をコントロールしようとしてしまうんです。
 
 
 
そんな彼女は
 
彼から見捨てられないように尽くす
(お世話、期待に応えれるよう頑張る)
・過剰な気遣い
・自己否定が強い
・常に彼に合わせる
・彼の愛情を疑って、確認行動をする
・嫉妬心独占欲が強い
・目に見えるないものが信じられない。
目に見える反応、形で愛情を表現してほしい
(プレゼントの内容。メールの回数、レスの速さ)
・既読スルーはあり得ない。
・彼のスケジュールが見えないと、
他の女の子と一緒にいるのでは?と不安になる。
・私が彼に惚れているより、
彼の方が私に惚れていると、
優位なポジションにつきたい。
・彼が自分との予定より、
他の対人関係との予定を優先すると許せない。
 
彼女は自分の存在価値が彼の中にあります。
 
 
 
ちょっと焼きもち妬かせたいのー
だったらかわいいもの。
 
が、
 
「嫉妬させたい」
「嫉妬させられるのは嫌だ」
「ごめんね、私が悪かったの、やめとくね」
(だからふらないで)
だけど、
やっぱりまた嫉妬させるようなことを
無意識に言ってしまう、振舞ってしまう、
自分責め…を繰り返しながら。
 
 
 
 
それを続けた結果
どうなったと思いますか?
 
 
 
 
ほんとはかまってほしくて、
見捨てられないか不安だから試し続ける。
優位に立ってると感じていないと
不安だから試し続ける。
 
それをされたら彼は
「嫌だ、しんどいからやめてほしい」と
意志表示を続けていました。
でも彼女はやめません。
 
繰り返し
繰り返し…
 
彼は振り回され続け、
試し続けられ、
疲れていってしまったんですね。
 
彼のなかの傷つきが積み重なり
抵抗する気力も失せていきます。
彼は耐えられなくなり、
 
ついに
 
 
うっとおしくなって、大爆発!
 
 もう嫌だ!!
別れよう!!!
そっとしておいてくれ!!!!
 
ラブの元の木阿弥です。
 
 
なんで?
私のこと好きなんじゃないの?
昨日まで仲良くしてたのに、どうして急に?
 
急にじゃありません。
 
 
 
 
彼女は後悔に後悔…
すがりついてみても駄目でした…
彼の気持ちは固く、振り向いてくれません。
 
彼にべったり依存して、
彼でいっぱいだった自分の中身が、
 
急に空っぽ、失った、怖い。
 
強烈に押し寄せる孤独感、
焦燥感、無価値感、絶望感、、、
 
自分の身体なのに、中身がない。。。
 
 
私、生きてる意味あるの?
 
 
 
彼女は、満たされていない感覚がとても強いんです。
 
もっともっともっと、
 
ひととき満たされたように感じてもまた欲しい。
 
彼女は安心感を彼に求めます。
だから、見捨てられるのが怖いんですね。
 
 
愛情を感じてはいけないから
実際見捨てられるようなこともしてしまう…
 
愛情を感じて、安心を感じて、
見捨てられてしまう怖さを感じるくらいなら
見捨てないでといいながら
 
求めながらも求めない
 
いつまでも納得のいくことのない
満たされることのない駆け引きを続ける。
 
 
 
 
彼女のように、
自分だけを見てほしい
彼に嫉妬させては愛情を確認したい人は
小さい頃の親との関わりが
こうだったかもしれません。
 
・兄弟と比較されて否定されて育った
・親に褒めてもらったことがない
・親に甘えにいっても避けられた
・親が外に他に(仕事や世間や実家など)
意識がいっていた
・親にとって役に立つ子でいたら見てもらえた
・感情を表現しても流されていた、無視をされていた
・泣いて呼んでも放置された
・親に身体に触れてもらうスキンシップや
共感などの温かい体感、愛情を与えられなかった
・親に虐待、ネグレクトを受けていた
・親が何事に関しても優劣をつけていた
・養育者が何度か変わってしまった
 
 
 
彼がいないと生きていけない!
と感じている彼女。
 
小さい頃、彼女にとって、
いないと生きていけなかった人は誰だったのでしょう。
ほんとは誰に1番大好きだよと
言われたかったのでしょうか。
ほんとは誰の愛情を
独り占めしたかったのでしょうか。
 
 
自分の力だけでは
生きていけない小さな子供にとって
親に見捨てられる見放されることは、死の恐怖。
 
 
小さな頃
大好きだった人に親にされたからこそ、怖い。
そしていま、
自分にとって
どうでもよくない大好きな大好きな彼に
されそうで怖いんです。
 
 
彼と素直に
ただただ仲良く過ごししたいだけなのに、
できない…
できない根底には
そんな恐怖があるからかもしれません。
 
見捨てられる恐怖
奪われる恐怖
裏切られる恐怖
ひとりぼっちになる恐怖…
 
 
どうして彼の愛情を疑わずにいられないのか。
優位に立ってるって感じれないと不安なのか。
 
その不安や恐怖が
親との関わりのなかの
どこからきているものなのか見ていくことで、
過剰に気を使ったり、試したりしなくても、
素直に甘えたり、素直に気持ちを表現したり、
彼との恋愛関係に信頼関係が生まれ、
彼の愛情をじんわりと安心感と共に
感じることができるようになります。
 
 
 
 
 
あなたはどんな感覚感情で彼と繋がりたいですか?
 
 
 
 
好きだからこそ
不安になったり、
怖くなったりするのは当たり前だと思うんです。
それが過剰になってしまっている。
過剰になって、
大切な自分や彼を大切にしたいのに
ひどく苦しめてしまう…
そんな時は自分の中で何が起きているのか?
見ていくチャンスなのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です