私のプロフィール第4話

こんにちは!
リトリーブサイコセラピーという心理セラピーで
人間関係の悩みを解決し
人との関わりが喜びになるためのお手伝い
をしています!
心理セラピスト村田暁世です!
 
 
お盆が始まりましたね!
 
私は昨日
今週末の旅行を
来週末だという勘違いを教えてもらい…( ;∀;)
危ないとこでした( ;´Д`)
 
私は今日はプチトリップ静岡!
 
みなさんも熱中症には気をつけて
夏を楽しんでくださいね!
 
 
さて、今日は私のプロフィールの第4話です♫
 
 
これまではこちらから↓
 
 

【笑顔でいい人】

仕事を始めてからの私の人間関係は
 
ますます笑顔が板についていきました。
 
いつも笑顔で笑ってる人
 
あの頃無意識で分からなかったけど
今考えれば
相手に合わせ嫌われないように
(すべての人に嫌われないようにはありえないのに)
 
嫌われること→ここにいられない
→見捨てられる→生きていけない(死の恐怖)
 
そうして
居場所を確保していました。
 
私にとって
「ここにいていい」という感覚はすごく大事で。
 
 
愛想や
何かをごまかすための笑顔
色んな感情を飲み込んで
顔面痙攣を起こしていました。
 
ごまかす笑顔と
ほんとの笑顔
境目がよくわかりません。
そもそも自分が感じてる本当の感情がわからない
 
怒りも溜めて
飲み込んで
受け入れることで居場所を得ていた自分
 
必要以上に笑顔で
貼り付いている(逆に怖いよねーw)
 
いい人を演じ、いつも笑顔
 
いい人で怒らない、優しい
 
でも
 
わからない人
 
いつもよく天使や妖精みたいと言われていました。
それって人間じゃないやん(*´-`)…
 
地に足がついてない
身体がここにない
魂がここにいない
 
身体がわからない
 
自分がわからない…( ;´Д`)
 
 
 
 

【孤独感】

そんな私は
 
・言いたいことがいえない
・断れない、ノーが言えない
・言葉のキャッチボールができない
・指導がちゃんとできない(言えない)
・伝えたいことが言葉にできない
・何を考えているのかわからない
・そもそも自分が自分の意思がわからない
・肌接触が苦手
・愛情がわからない
・0か100、白か黒の二部思考
 
 
自分の軸がないから
恋愛でも同じ
 
自分が人に近づかれたり近づくのが怖い
ありのままの素の自分
等身大の自分を出して
嫌われるのが怖いから
(妄想を大いに膨らませては(´-`))
 
回避的で
心を開かない私は
 
心の距離が遠いと言われて
振られたこともありました(´ω`)…
 
向き合うのが怖いから
なんとかするんじゃなくて
なんとかしてもらおう他人軸
逃げ回ったり
自然消滅もしばしば…
 
 
好きって言われると気持ち悪いとか(ひどすぎw)
 
結婚の匂いがしてくると冷める
もしくは
向こうが冷めるように無意識にもっていく(´ω`)…
 
だから
自分の意思をはっきり表現せず
断らないことで
ストーカーに合っていた事もありました。
 
惹かれる人は
闇のありそうな人…(*´-`)(*´-`)(*´-`)
 
 
孤独にはなりたくないから
自分の形がわからないから
安心させてほしいから
依存的で無境界
一緒にいるけど(やっぱりひどいw)
付き合ってても
私は心は開かないから
本当の意味で
いつまでも距離が縮まらない…
 
心開かない
頼らない
甘えない
(全然かわいくねー(ノД`)!!!)
 
かと思いきや
めっちゃ甘えたり(意味不明な女w)
 
愛情という愛着という体感覚が
そもそもわからない
 
愛される感覚が
身体が受け付けない
 
愛される感覚がわからない
愛する感覚もわからない
 
自分が自分に寄り添えてないから
本当の意味で
誰かを想ったり
誰かに寄り添うことはできなかった
 
私は愛される価値のない人間
私は愛されないと価値のない人間
 
人に愛着を感じないように生きる
 
愛着を感じて
もし見捨てられてしまったら
 
愛着を感じることは
孤独を感じてしまうかもしれない
 
孤独感
はじめから
独りなら寂しいけど感じなくていい
 
そう、
孤独感は誰かがいて感じるもの
 
 
心の距離をとっていれば
傷つけることも
傷つくこともなくていい
絶望を感じなくていい
 
人は信じられない
いつか裏切る
 
愛着を感じてはいけない
感じたら死ぬ
 
愛着を感じるのが怖い
愛し愛されることが怖い
 
 
 

【きっかけ】

常に人の顔色を見て
自分を中心として
いい人や笑顔という演技をしながら
周りをコントロールしたり利用していました。
 
 
人と同じ世界を分かち合うことができない
 
同じ空間にいても別の世界
 
そんな私は
 
自分の中に安心感ゼロ
 
 
自分の世界に入りがちで
どこかちょっと冷めてる人
自分1人ででも出来る仕事につきがち
 
うわべで
ニコニコ楽しく関わるくらいの事はできても
友人も恋人も職場もみんな
心を開かない付き合い
可もなく不可もなく表面的
 
人と深く関われない
人との肌接触も苦手
触れるのも触れられるのも怖い
 
身体も心も
人とうまく関われない
ぎこちない
 
人とどうやって関わればいいのかわからない
 
 
 
 
うつ状態の私は
腹黒さを隠して
いい人を演じ生きていた私は
自分が感じられないから働きバチな私は
原因不明の病気がち
 
婦人科だの皮膚科だの色々
病院にはよく通っていました。
 
 
 
不安や恐怖を回避する生き方は
いつか行き詰まります。
 
ますます自分でもよくわからない生き辛さは増し、
 
私はセラピーの世界へ入りました。
 
アロマやカラー、チャネリングやヒプノや…
安心感や軸のない私にとって
居場所探しであったけど
でもそれは大事なきっかけ
その先に
私は心理セラピーに出会うことになります。
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です