【心理】共に成長し、安心して生きていく

こんにちは!
リトリーブサイコセラピーという心理セラピーで
人間関係の悩みを解決し
人との関わりが喜びになるためのお手伝い
をしています!
心理セラピスト村田暁世です!
 
 
 
さて、今日のテーマは
「共に成長し、安心して生きていく」
というお話です。
 

【私を越えてほしくない】

40代女性A子さんOLをしています。
結婚はしていませんが彼氏はいます。
彼女はキャリアウーマン
これまでずっと仕事をバリバリしてきました。
 
部下に仕事を教え育てる立場ですが
自分がする方が早いと
自分でしてしまうところがあり
ひとりで仕事を抱え込み
若い社員たちや周りが育ちません。
 
彼女は要領もよく
仕事がよくできます。
しかし教えるのは苦手。
教えるのは教えますが、
なかなかできない相手に対して
「なんでできないの?」
イライラしてしまいます。
 
 
その空気感、威圧感に周りも萎縮してしまう。
余計に緊張してしまってできない。
 
 
しかし
彼女にうまく合わせることもでき
仕事の飲み込みも早く
どんどん成長し、仕事ができる子がいても
彼女はそれはそれで嫌。
あれこれ言って、こき下ろしをしてしまいます。
 
 
できなくてもダメ
できすぎてもダメ
 
私を超えるな
 
 
できないのも自分が困る
でも
できすぎても自分が困る
 
そして周りがなかなか育ちません。
 
結局
自分はいつも忙しい。
みんなが頼りないから、
私がいないといけない。
 
 
そんな彼女のような人には
こんな傾向があります。
 
・仕事をひとりで抱えこんでしまう
・自分の意見を曲げない
・ダメンズと付き合いがち
・プライドが高い、低い
・「できない」が言えない
・失敗したり間違えることが怖い
・人に頼れない
・完璧主義
・承認欲求が強い
・自己否定
・ストレスが多い
・ぐっすり眠れない
・疲れが抜けない、いつも疲れている
 
 
 

【自分の価値を支える】

結局自分はいつも忙しい。
みんなが頼りないから、
私がいないといけない。
 
というのは、
 
それは彼女にとっての
しんどいけど、メリットなんです。
 
 
彼女はなんでもできるし
失敗もしない
いつも自信に満ち溢れているように見えますが
 
自己重要感が低いんです。
 
自信がない。
自分には価値がない。
ありのままの自分の価値にOKができていない。
 
だから
自分という存在が受け入れてもらえないことや
失敗も間違いも怖い。
失敗したら恥ずかしい、
死にたくなる、絶望的な気持ちに襲われるんです。
 
だから
その価値がないという
自分のなかの空白を埋めるように
駆り立てる自分がいる。
 
 
私出来るんです!
 
 
自分という存在を受け入れてもらうために
人に周りに受け入れてもらうために
ここにいていいよっていってほしくて
頑張る。
 
失敗しない頑張ってる出来る自分じゃないと
受け入れてもらえないと思っている
 
自分のなかの無価値感や
居場所がなくなる怖さや悲しみを感じたくない
 
できない自分を見たくない、見られたくない
 
安心したら頑張れない
 
 
 
後輩たちが出来ないと
自分の価値に響く
 
でも出来すぎると
自分より出来てしまうと
自分の地位が危うくなる気がしてしまう
 
 
やっぱり私がいないとダメ
 
 
という優越感や有能感
自分の価値を支えている状態。
 
 
だから周りには
私を越えない程度に出来てほしいんです。
 
 
 

【永遠に埋まらない】

そんな彼女の幼い頃は
 
・自分の気持ちや意見を聞いてもらえなかった
・親の無価値感が強い
・共働きでいつも家にいなかった
・何をしても褒めてもらったことがない
・家の中の面倒を見ていた
・家族はすれ違いで会話のない家だった
 
母親は無価値感が強く
 
いつも周りに認められたくて頑張って
仕事に身を捧げてきた女性でした。
 
すごいですね!
って周りに褒められること、認められることが
自分の空虚な無価値感を埋めてくれる
そしてそれが
自分が生きていけるための原動力でした。
だから自分が一番でいたい。
 
家でも同じでした。
 
子供たちには
できなくてもダメ
できすぎてもダメ
 
親を越えるな
親より出来るようにはなるな
親より幸せになるな
 
と。
 
 
A子さんは三姉妹のうちの長女でいい子でした。
 
 
いつも父と母は仕事。
 
長女の彼女に頼りっきり。
家事も妹たちの面倒も。
 
彼女は子供らしく過ごすことはできませんでしたが
父母の役に立てることが嬉しかったんです。
 
しかし
これといって両親は
それは当たり前のように受けとめている。
頑張っても報われない。
 
彼女は次はこうしよう
もっとこうしよう
 
どんどん自分の中の家事などのハードルが
上がっていきました。
 
そして勉強も運動も
頑張りました。成績もいつも優秀
 
 
両親に褒めてもらいたくて
喜んでもらいたくて
認めてもらいたくて
 
両親の役に立っている
支えることができている自分
価値のある自分
 
この自分のポジションは誰にもとられたくない。
 
 
妹たちが成長していくなか
妹たちも手伝いをしたりはじめ
助かる気持ちと
あんまりしてほしくない気持ち
 
妹たちの学校の成績も
自分より出来てほしくない
勉強教えてって言われても
あんまり教えたくない
 
自分が一番でいたい。
 
できなくてもダメ
できすぎてもダメ
自分を越えないで
 
私の価値を居場所を脅かさないで。
 
そんな恐怖を抱え
そうやっていつも
できない自分はダメだと
自分に完璧を求めてきました。
でもそれは果てしない
追いかけても追いかけても
駆り立てても駆り立てても
永遠に埋まらない
たどり着かない
 
人も信用できない
頼れない
人生も楽しめない
安心して生きられない
ずっと見えない恐怖に追われ
走り続ける人生
 

【共に成長し、安心して生きていく】

彼女は心理セラピーを受け
恐怖に追われ、自分を駆り立てていた自分。
その恐怖や
報われない怒りや悲しみ、寂しさを
人に受けとめてもらい
そして自分が自分を受けとめ、寄り添うことによって
癒されていきました。
 
役に立つ自分
出来る自分
 
でしか自分を感じられなかった
 
でも
生き抜くために
我慢し
飲み込んでいた
自分のありのままの感情を
ありのままの自分を
うけとめてもらうことで
 
彼女は自分を受け入れることが
できるようになっていきました。
 
できる自分もいるし
できない自分もいる
 
いろんな自分がいる
 
ありのままの自分に価値を感じられるようになるには
時間はかかりますが

彼女が自分をあきらめず、見捨てず

自分が自分に寄り添うことを続けている結果です。
 
 
 
 
 
あれから彼女は
後輩や周りの人達のことを思うようになり
そして
後輩達と共に成長し
人に教えることは自分の成長にもつながり
 
みんなが協力しあって
それぞれの個性を活かし
職場の雰囲気もよくなり
協調性がうまれはじめました。
 
人が信じられなかった
自分を駆り立てていた
彼女自身
 
周りと共に成長し、幸せに
 
安心して仕事をしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です